即日キャッシングまでの審査の流れ

借入を申し込んだときに、絶対に落とされてはダメなのがキャッシング会社の審査ですよね。

 

貸したお金に対する返済能力が本当にあるのか?を判別する為の審査です。

 

申し込み金額が小額だとしても借入審査を通らない限り実際に融資を受けることは不可能な為、最も大切なハードルなのです。

 

ここからは、そんな審査の過程をさらっと解説していきます。

 

多くの金融機関ではスコアリング(数値化)した基準を用いて申込者の返済能力を見極めていきます。

 

このスコアリングを完結に説明します。職業・勤続年数・年収・年齢・居住年数などの情報を数字として表したもので、そのスコア結果を過去の情報が詰まったデータベースと照合し、本当に返済能力を持ち合わせている人物かを半自動的に判別できるものです。

 

このスコアリングを導入したことで最短で30分後には回答が出るスピード感と審査通過の明確なボーダーラインができたので、利便性が向上したことでキャッシング人口も増加しました。

 

こうしたスコアリングの後で他社からのキャッシング状況をチェックされます。

 

過去の借入状況が記録された信用情報を参照し、現在の借入件数と合計金額などという債務情況や債務整理などを行っていないか、返済に関する問題の有無を調べます。

 

また、総量規制の対象内になっていないかを確かめる目的でもあります。

 

総量規制を簡単に説明すると、年収の1/3以上の融資は受けられないよ、という法律で多重債務者の増加にストップをかけるのがこの総量規制の目的です。

 

ただし、この総量規制の対象となる項目は、信販会社と消費者金融からの借入だけです。

 

貸金業法とは関係のないカーローンや住宅ローン、クレジットカードのショッピング利用額は対象にはなりません。貸金業法が絡む法律なので、銀行から借りているお金については関係性はありません。

 

こういった審査に合格すると最終関門として在籍確認が行われます。

 

この在籍確認というのは、本当に会社に勤めているのか在籍を実際に電話をかけて確かめるものです。

 

必ず金融会社名ではなく、個人の苗字を名乗って電話がかかってくるのでお金を借りたことがばれる心配はありません。

 

この在籍確認のときに丁度その場にいなかったとしても、その会社に在籍している事実が確認できれば問題ありません。

 

概ねどの金融会社でも、こうしたハードルをクリアすれば借り入れを行うことができます。

 

金融会社によっては多少異なる点もありますが、大概このように審査が進められます。頭に入れておけばお金のピンチを助けてくれますよ。

知っておくべき返済の知識

キャッシングを申込むのは割合に簡単ですが、大切なのは返済です。トラブルにならない為にも、返済の基本的知識を身につけておきましょう。

 

主な大手キャッシング会社の場合、毎月設定された返済日に約束の最低返済額を払い込まなければいけません。

 

返済方法については、口座引き落としかATMというように返済方法が任意で選択できます。

 

ここまではごく当たり前の知識ですが、利息を減らす為に多めに返していく「繰り上げ返済」というものを知っていますか?コレ、意外と知らない人が多いんです。

 

元金の残高が少しでも減れば全体的には利息を減らすことができますからね。ほとんどのキャッシング会社で借入金の繰上げ返済ができるんです。

 

ただし、繰上げ返済ができるのは基本的に、ATMでの返済のみというのが主流ですから気をつける必要があります。それと、振込み手数料について注意が必要です。

 

これについては各金融機関ごとに対応がさまざまなので、公式サイトなどで調べておくと良いでしょう。

 

次に覚えておくべきことは、もし返済に遅れたら?ということです。

 

数時間でも返済が遅くなってしまったら、ヤクザ風の人が家や会社まで押しかけて返済を迫る…とイメージする人もいるようですが、法律の下まじめに貸金業の運営をしている会社の場合それはありません。

 

まずはキャッシング会社のコールセンターから確認の電話が掛かってきます。入金の確認ができませんでしたので電話いたしました。などという風に丁寧で柔らかい感じなのでそんなに怖れるようなものではありません。

 

電話確認がずっと取れないような状態だと、職場に電話があったり家へ催促状が送られてきたりします。

 

こうなるより先に、定められた金額の入金が無理であればできる限りこちらから返済について相談しましょう。貸金業者も貸し倒れは避けたいので、返済意志がある人に対しては話を聞いてくれるかもしれません。

 

数日遅れてしまったくらいならば特に問題になるほどではないのですが、通常の返済金に加えて遅延損害金を払う必要があることは知っておきましょう。

 

普通は大体のキャッシング会社で、20.0%もの年利で返済予定日から遅れた分だけ日割りで加算されます。

 

一般的には遅滞が2〜3ヶ月以上にもなると信用情報に延滞の記録が残ってしまいます。この事故情報はブラックリストなどとも言われていますが、聞いたことがある人も多いのでは?

 

そのような状態では信用情報にもとづく融資などを新規申込みしても通ることは非常に難しいです。また、クレジットカードの発行を希望しても審査の際には信用情報を確認するため、クレジットカードの新規発行はまず無理です。

 

この事故情報は永遠に残るわけではなく、信用情報機関によって若干の違いはありますが延滞ならば一般的には5年です。

 

以上、キャッシングの返済についての基本的知識の解説でしたが、いずれもキャッシングをする際に大変重要なポイントです。とりわけ返済が遅れたらどうなってしまうのか?は、絶対に知っておかなければならない内容です。

 

大手の金融業者であればTVドラマみたいな怖い取り立てはしませんが、だとしてもやはり嫌なものです。そのためにも、計画的な借入れを心がけましょう。